代表取締役 瞿 史偉

1998年 上海復旦大学付属高校の交換留学生として来日
2001年 東京大学理科一類 入学
2005年 有限責任事業組合REALGLOBE設立
(現 株式会社リアルグローブ)
2009年 中国上海毅偉信息科技有限公司 設立
2010年 株式会社ENJOY JAPAN設立

日本と中国は近そうで遠い関係というイメージがあります。
もっと率直に言うと物理的には近いが、心理的には遠いという意味です。
なぜ、そうなってしまったのでしょうか。
長い歴史の中で徐々にそういう関係になったしまったのではと思います。

私が初めて日本に訪れた時は、高校生の時です。
私が日本に来たいと強く思った理由は、日本のアニメである「スラムダンク」と出会ったことが大きなきっかけとなり、
日本の文化をもっと知りたいと思い、日本に行くことを決心しました。

その時から、多くの時間が経ちましたが、
日本と中国の関係は、良い意味でも、悪い意味でも変わっていないと思います。
では、このまま、未来永劫、そういった関係のままなのでしょうか。

世界を代表する国がこんなに近く、そして同じアジア圏に存在しているのに。
我々は、互いに魅力あふれる国であるのであれば、
もっと協力をし合い、パートナーとして存在できる関係性を構築すべきだと思います。
今までの過去(歴史)を忘れましょうという意味ではなく、
これからの未来を共に考え、互いに信頼し、
尊敬しえる関係になっていくべきだと思います。

その架け橋となる事が我々の役目であります。
我々の役目は国を越え、時代を越え、難しい役目であります。

しかし、その先にはアジアが世界と対等に渡りあっていける可能性があります。
日本のために、中国のために、アジアのために、
そして世界のために、我々の仕事はあります。
高い志と熱い想いをもって、今までも、これからも挑戦し続けていきます。