上海「五五ショッピングフェスティバル」(上海五五購物節)クーポン券総額は百億人民元近く

 

上海市がコロナウィルスにより停滞した経済を刺激するために、恐らく市として初めての試みの大規模なショッピングセールを実施する模様です。今回のコラムでは上海市とともにアリババやテンセントなどの各企業がどのようなセールを行うのかをご紹介します。

 

「五五ショッピングフェスティバル」の開催を控え、開催時期は第2四半期、メーデー、子どもの日、端午の日などの祝日を含め、ECプラットフォームや企業などが幅広く参加する大規模の商業イベントとなる。現在、130余りのキャンペーン及び700余りのイベントが開催される予定。

アリババ、拼多多、蘇寧、美団、光明食品、百聯などの大手企業だけでも、今回のショッピングフェスティバルへの投資、補助金、消費券、商品券の発行は100億人民元に達する見込みだ。

では、「五五ショッピングフェスティバル」は一体どんなキャンペーンがあるのか。

 

 

アリババ:消費者の財布から「20億元を節約してあげる」

アリババは上海の「五五ショッピングフェスティバル」を全力で支援し、上海の消費者が20億元を節約できるようになると発表した。

「五五ショッピングフェスティバル」期間中、「盒馬(フーマー)」は1,000項の商品を一個買ったら一個無料、「餓了么(アーラマ)」は上海の都心、有名スポット、夜市など400余りの観光地で「紅包」を配る、45%オフの料理が配送される、上海の老舗なら配送料が無料などのサービスを提供。

また、淘宝ライブ配信として、上海の商圏、デパート、スーパーマーケット、夜市などが一斉に淘宝でライブ配信。「百聯」は、上海の人々を「雲逛百聯」に案内し、実店舗からネットへの販売を手伝う。

 

蘇寧:総額20億元のクーポン発行

蘇寧易購は上海の消費者のために「スーパー百億補助金」を発行し、3億元のクーポン券を発行する上で、更にクーポン券を発行し、累計は20億を超える。クーポン券の発行は上海ショッピングフェスティバルを始め、6月末まで続く予定。クーポン券は電子クーポンの形で発行され、上海の消費者は蘇寧のオンライン・オフライン全ルートで受け取ることができる。

蘇寧易購は上海地区の800軒近くの実店舗もすべて「五五ショッピングフェスティバル」に参加し、5月5日の当日、蘇寧易購、カルフール、蘇寧国際、蘇寧紅孩子、蘇寧スーパーマーケット、蘇寧百貨店、蘇寧金融などの全業態で50%オフのキャンペーンを作り、上海の消費者にお得なサービスを届ける。

 

美団:12億以上の補助金を投入する予定

4月24日から、美団点評は上海市内政府と協力して「申城点灯」という安心買い物イベントの活動を開始し、12億以上の補助金が投入される予定で、上海市内の数万軒の飲食店、観光地、ホテル、文化娯楽店を含め、「飲食や娯楽を90%オフから」というキャンペーンを開始する予定。

6月から8月までの消費回復期に、美団点評は618キャンペーン、夏キャンペーン、夜間消費キャンペーンなどを企画し、消費回復をさらに促進し、上海消費者の潜在力を刺激する。

 

テンセント:上海市民はミニプログラムで消費券を受け取ることができる

テンセントは「五五ショッピングフェスティバル」の期間に、上海市民が「wechatペイ都市消費券ミニボトル」を通じて消費券を受け取ることができる。スターバックス、カルフールなどの有名企業をはじめ、飲食店、小売業やファッション、交通、薬局、ホテル、旅行などの業種、ECモールと銀行なども含まれている。

 

小紅書:「達人探店団」を組織し淮海路で「クラウドショッピング」

小紅書側によると、今回の上海「五五ショッピングフェスティバル」で、小紅書は協力プラットフォームとして、上海の多くの部門と共同で活動を展開し、「三次元コミュニティ」の影響力を発揮し、オフライン経済を補助し、上海の新ブランドを共同で育成する予定。

 

ほか、小紅書はオンラインコミュニティを開設し、上海百以上の有名ファッション、スキンケア、ジュエリー、家具のブランドは小紅書に企業アカウントを開設し、若い消費者にアピールすることができる。

今回の上海「五五ショッピングフェスティバル」を通じて、上海の消費を刺激し、かつての消費力と活力を取り戻すことが期待される。