ビリビリ動画ロゴ

ビリビリ動画とは?

Bilibiliは中国トップクラスの動画プラットフォームで、2009年に徐逸によって立ち上げられた「Mikufans」という弾幕ビデオ共有サイトからスタートしました。この弾幕は日本のニコニコ動画を真似たと言われています。その後2010年にbilibili(哔哩哔哩)と改名し、中国のユーザーには「B站」と呼ばれ現在に至ります。

2018年にはアメリカのNASDAQにも上場を果たしていて、2020年5月現在では月間のアクティブユーザー数が1億7,200万人を越える、中国の超ビック・動画プラットフォームとなっています。

どのようなコンテンツが見られているか

元々日本のアニメコンテンツが中心だったためか、かつては「若者のオタクやサブカルチャー向けの動画サービス」というイメージが強かったのですが、サービス開始から10年が経ちユーザーの年齢が上がってきたことなどによりコンテンツが多様化するようになっています。Youtubeのように、ユーザーが自由に投稿をしている動画もあれば、鬼滅の刃や攻殻機動隊など、しっかりと権利を買い取った形での日本のアニメ動画もあるし自己学習用の学び系動画もたくさんアップされています。

私個人的に驚いたのは、2020年の5月に発表された1~3月の第一四半期におけるサイトの平均滞在時間は87分という驚異的な長さだったことです。コロナ禍で在宅時間が長かったことも要因として大きいのだと思いますが、それにしてもおよそ1時間半もサイトに滞在しているというのは、もはやインフラの一部のような存在になってるといえるかもしれません。

bilibili

Up主の収入源

また、中国はインフルエンサーと呼ばれている人たちが数多く存在するということは、すでに皆さんもご存知かと思います。もちろん、bilibiliでもUP主と呼ばれる多くのインフルエンサー達が活躍をしています。こういう話を聞くと、「youtuberのようにUP主も儲かるのか??」と思わずにはいられないのは、私だけではないはずです(笑) 安心してください、ちゃんと今から説明しますね。

UP主がbilibiliで収益を上げようとする場合、大きく次の5つの方法があります。
まず1つ目は、再生数に応じた広告収入。Bilibiliの場合は1,000再生で3元(約45円)の収入と言われています。なので、1万再生で450円、10万再生で4,500円、100万再生で45,000円という計算です。Youtubeに比べると、だいぶ単価が安いですよね。

2つめは、企業タイアップです。企業から報酬を受け取り、動画の中で依頼主の商品やサービスを紹介する形です。

3つ目はアカウント主に対して、投げ銭のようなイメージの「充電」です。1元で10コイン購入ができ、気に入ったアカウントに「充電」を送るシステムです。その際、bilibiliに対して報酬金額の30%が手数料として発生します。

4つ目はライブ収入。ライブを実施した際に視聴者から値段に応じたプレゼントをもらうシステムです。日本にも同じような仕組みのライブアプリがありますよね。このシステムはbilibiliに対して50%の手数料を支払う必要があります。

そして5つ目は、bilibiliが主催する動画コンテストに入賞し、賞金を得る方法で、コンテストごとに賞金が設定されています。

以上5つのパターンがbilibiliで収入を得る方法です。1つ目にご紹介をした再生回数に応じた広告収入の計算からも分かるように、UP主として動画の配信だけで生計を立てるのは今のところなかなかハードルが高いようです。最近少しずつ出てきてはいるものの「日本のyoutuberがビリビリ動画にも進出した!」というニュースを中々聞かないのは、言葉のハードル以外にもこういった事情が大きいのかもしれません。

これからの課題

そして、もちろん全てが順調なわけではなく、今後に向けた課題も抱えています。中国にはbilibiliの他にも動画プラットフォームは数多くあり、中でも特に有名なのは、愛奇芸、youku、腾讯视频といったところが上げられます。Bilibiliはこれら有名プラットフォームと比較をした時、有料会員が月間アクティブユーザー数の8%しかおらず安定した会員収入が少ない、という大きな課題があります。これは、有名プラットフォームは、Netflixのようにプロが制作した商業コンテンツであるのに対し、bilibiliはyoutubeのように個人が制作したコンテンツである、ということが大きな要因です。

月間アクティブユーザー数は順調に右肩上がりで増えているものの、2019年度も通期で約200憶円の赤字となるなど、その収益性を改善していく必要があります。ソニーのアメリカ法人が2020年4月に4億ドル(約405億円)を出資し、主要株主にはテンセントとアリババの両社が名を連ねていることもあり、会社としてのキャッシュフローは問題ないと言われているので、キャッシュが潤沢にある今のうちから黒字化へのビジネスモデルを作っていけるのか、今後の動きに注目です。

※2021年2月10日、女性に侮辱的な内容や弾幕に対してビリビリ側が何も対応をしていない、ということでいくつかの企業がビリビリとの提携を解除すると発表をしました。ビリビリへ広告出稿を検討されている企業は、今後ビリビリがこの問題に対してどう対応をするのか、様子を見守ったほうが良いかもしれません。

youtube動画でも解説!

今回のコラムは、youtubeでアニメーション動画でもご覧頂けます。
5分程度ですので、通勤の行きかえりなどでもお楽しみ頂けます。
併せてぜひご確認ください!


【株式会社ENJOY JAPANチャンネル】