中国向け越境EC支援

越境ECの出店から運営/物流/マーケティングまで一貫して支援します。

世界最大のEC市場となった中国。越境ECを通じての販売ルートの確立がますます重要になっていきます。

インバウンドが見込めない現在、中国向けに販売をする方法として越境ECが売上をカバーするための有効の手段となっています。インバウンド市場が回復をした後もリピート購入をしてもらうための有効なルートになるので、何らかの形で出店か出品をしておくべき施策です。ただし、当然のことながら簡単に売れるといったことにはならず、どのような戦略でいくのか深い検証に加えて、伴走するパートナーが必要です。

どこから手を付けていいのかわからない

様々なプラットフォームがありどこに出店するのがいいのか、それともD2Cモデルがいいのか。もしくはその他の方法があるのか。

社内にECに関連するノウハウがない

越境ECに関連する法律や物流、出店後のマーケティング手法など社内に分かる人がいない。

すでに越境ECに出店をしているが上手く行っていない

現在出店中のプラットフォームが正しいのか、運用代理店が正しいのか、販売戦略は正しいのか見直しをしてみたい。

ENJOYJAPANの越境EC支援の流れ

市場調査・販売手法検討

  • 対象カテゴリ調査
  • 競合調査
  • 出店プラットフォーム検証
  • 価格戦略検証
  • 商標、各種法規調査 など

ご提案

  • 販売方法(出品か出店か等)
  • 出店プラットフォーム
  • 販売スケジュール
  • 費用
  • 売上シミュレーション

出店準備

  • 出店申請、書類作成代行
  • 各種資料の翻訳
  • 店舗デザイン
  • 物流設計
  • 出品作業

販売促進

  • キャッチコピーの改善
  • アフィリエイト
  • SEO、SEM
  • SNSアカウント運用
  • KOLマーケティング など

店舗オペレーション

  • コールセンター
  • 受発注、キャンセル対応
  • 商品発送
  • 在庫管理
  • 各種キャンペーン参加

レポート

  • 売上
  • 購入者属性
  • キーワード分析
  • PV数UU数など
  • 広告効果 など

対応可能プラットフォーム

天猫国際(Tmall global)について

中国通販最大手のアリババが手掛けるT-mallの越境ECプラットフォームです。他の越境ECプラットフォームより圧倒的なトラフィックを有するT-mall国際は、中国市場に進出したい各海外ブランドにとっては最も魅力あるプラットフォームです。

メリット

  • 国内、海外での信頼度が高い「T-mall国際」は「高品質・安全」をウリにしていることもあり、偽物の商品やブランドを厳しい審査、条件を設けることによって排除している。
  • 独身の日(W11)のイベントおよびその前のPRに参加することが可能になり、売り上げや店舗の認知度アップにつながりやすい。
  • 圧倒的なユーザー数をほこり、それに伴って保有しているユーザーデータも中国でNo.1。そのため、データサイエンスマーケティングの精度が極めて高い。

デメリット

  • 初期費用や年会費、運用費用が非常に高い。T-mall国際への出店は、T-mall国際のブランド力や信用力を購入しているとも言われている。
  • 初期審査が厳しく、提出資料が多く、出店にあたり多くの時間を要する。
  • 自社で店舗を運用することもできるが、アリババ側からTP(タオバオパートナー)認定されている代理店に運用代行してもらうよう強くお勧めされる。

京東国際(JD woldwide)について

従来、中国通販プラットフォームにおいて、天猫TMALLの次に位置付けられてきました。(現在、時価総額基準では3位となります。)特に中国一線都市居住の高所得者層から支持されており、電化製品、プレステージ製品等高単価製品の販売に強みを持っていることから消費者からの信用力が高いといえます。また、他のプラットフォームに比べ、男性のユーザー比率が多く見られます。

メリット

  • 中国大手ECで唯一自社倉庫、自社配達員を社員として抱えているECプラットフォームであり、物流のスピーディーさ、顧客満足度はダントツで高いため一線都市居住の高所得者のユーザーが多い。
  • 中国主要ECイベントの一つである「618」は元々JD.COM立ち上げ記念イベントであり、当イベントではアリババ系のW11と並ぶほどの集客力、話題性をもつ。
  • 長年アリババ系と並ぶほどの知名度、ユーザー数を誇っていたためユーザー(特に高所得で購買力の高いユーザー)のデータ蓄積があり、かつ開店→物流までのオールインワンサポートに強みを持つ。

デメリット

  • 越境ECサービス自体は2015年よりスタートしているが、本格的に力を入れ始めたのが2019年であるため越境ECサービス分野に関するユーザー認知度、成熟度、ノウハウはまだ未成熟である。
  • 元々は電化製品の販売がウリであるため未だに男性ユーザーの割合が大きく、コスメやサプリメント等の女性向け商材との相性が悪い。
  • JD.COM最大の強みである物流ネットワーク(自社倉庫、自社配達員等)は一線都市と二線都市の一部のみが対象であり、それ以外の多くの都市ではまだまだ整備できていない。

小紅書(RED)商城について

REDは2014年にリリースされた「SNS機能を備えた越境ECプラットフォーム」です。一線都市ユーザーが全体の50%以上、かつ女性比率が70~80%と、コスメ等の女性向け商材との相性が良い。

メリット

  • SNSとECが一体化したプラットフォームであるため広告から購買までの導線が短く、明確です。また、ユーザーが『欲しい』と思ったタイミングですぐに購入できるため、衝動買いが多いのも他のプラットフォームにはない特徴です。
  • REDは、SNSとしても魅力的なコンテンツです。消費者が購入する前に、必ず見る(参考にする)プラットフォームと言っても過言ではありません。2019年にはユーザー数3億人を突破。
  • 現在、REDは、ブランド旗艦店出店に力を入れているため店舗開設のハードルは比較的低く、保証金等の初期コストを抑えることが可能です。物流面も整っているためテスト販売には利用しやすいプラットフォームです。

デメリット

  • ユーザーにとっては、ECプラットフォームよりもSNSとしての認識が強く、REDで商品レビューを見てから他のプラットフォーム(TMALL国際など)で購買する可能性はあります。
  • 競合にあたるWechatやWeiboなどのRED以外のSNSとの連携が一切できず、広告プロモーションはすべてRED内での実施をしなければなりません。
  • 初期費用が安く抑えられるかわりに、REDに支払う売上フィーが15~20%と他のプラットフォームに比べて高い。

拼多多(pinduoduo)について

拼多多は2015年にリリースされたECプラットフォームです。2019年に越境EC機能リリースされたばかりです。その為、公式旗艦店の出店はまだ少ない状態です。拼多多は友人や知人等の複数人で商品を大量購入することで商品単価を安く抑えることで有名なプラットフォームです。

メリット

  • 三線都市以下のアクティブユーザーを多く抱えており、2020年第1Qのプラットフォーム全体月間アクティブユーザー数はタオバオを超え、中国No.1になりました。(月間アクティブユーザーは4.8億人)
  • 越境ECサービスはまだリリースしてから1年経過していないため現時点では競合旗艦店が少ない状態であり、先行者利益を獲得しやすいと思われます。
  • 店舗開設の初期費用が安く、かつ規制も緩和されているため店舗の設置・運営がしやすい。

デメリット

  • 自社で保税倉庫を所有していないため旗艦店側で別途保税倉庫を契約しなければいけない。もしくは、消費者へ直送。
  • 越境ECプラットフォーム市場では新しいプラットフォームのためTMALLやREDと比べてサービスや規則等がまだ完成されていない状態であるため、急な規則変更等に対応する必要があると思われます。
  • 商品値段の安さがウリ“魅力”のプラットフォームであり、消費者のマインドも価格に特化しているため価格競争になる可能性があります。(もしくは、プラットフォーム側から値下げ要請があるかもしれません。)

プロジェクトの流れ

3~6か月程度の期間で調査・ご提案・販売開始までの準備を進めます。

ヒアリング

専門のコンサルタントが貴社状況をヒアリングさせていただきます。

調査

貴社商品の類似商品の販売状況や販売戦略、商標やその他法律面、出店モデルが良いのか卸販売が良いのかなど調査をします。

戦略・方針の提案

調査した結果を元に、貴社商品の販売方法やプラットフォーム、広告宣伝手法、想定販売シミュレーションなどを提出します。

販売開始

方針が決まったら出店に関する書類作成や申請手続き、倉庫や運送会社との契約などを行い、店舗開設を行います。

お問い合わせ

まずはお問い合わせフォームよりご相談下さい。ご相談内容を確認した後、担当者よりご連絡します。

ヒアリング・ご提案

お打ち合わせにて貴社の状況・課題感などをヒアリングし、後日具体的なご提案をさせていただきます。

開設準備

ご契約後、店舗開設のための書類の準備をして頂きます。中国語や英語の書類が必要になる場合は当社で翻訳を行います。

販売開始

日々発生するお客様とのやり取り、受発注手続き、発送業務、広告運用などを全て一元対応させていただきます。

レポート提出

週1回程度のペースで報告会のお時間を頂き、PDCAを回しながら伴走させていただきます。

よくある質問

費用はどのくらい?
プラットフォームによって全く異なりますので、まずは資料請求をしていただくか、お問い合わせ下さい。
出店以外の販売方法とは?
各モールが運営している直営店に商品を供給する方法などがあります。
中国語が出来るスタッフがいないけど大丈夫?
全て当社で代行しますので問題ありません。
契約期間はどのくらいから?
基本的に店舗開設から1年間毎の契約とさせていただいております。