中国KOL・KOC(インフルエンサー)マーケティング

ご予算や目的に合ったインフルエンサーをアサインします。

中国でのプロモーション活動にはインフルエンサーの起用が必須です

中国向けの広告宣伝活動において、もはや欠かすことのできないインフルエンサー。中国ではKOL(Key Opinion Leader)と呼ばれており、多くの中国企業も積極的に活用しているプロモーション手法です。元々一般的なメディアなどへの信頼度が限定的で旧来的なメディアのPRは効果が低いため、インフルエンサーを活用した広告展開が効果的です。
インフルエンサーの活用方法は以下のような方法があります。

テキスト+写真投稿

最もポピュラーな投稿方法です。「映える」画像で拡散を狙ったり、長文で読ませてしっかりとサービスをアピールをするなどが可能です。

媒体例
weibo、小紅書、wechat、大衆点評、Ctrip、マーファンウォー、知乎など

動画投稿

15秒~3分以内のショート動画や、1時間程度の長編動画でサービスのPRを行います。
笑える動画でバズを狙ったり、ドラマ風にしてストーリーで見せるなど様々な可能性があります。

媒体例
weibo、小紅書、抖音(TikTok)、ビリビリ動画、快手など

ライブコマース

ECで販売するためには現在一番押さえておくべき施策。TV通販のリアルタイム版のようなもので、視聴者から来た質問にそのまま回答します。直接販売に繋がられる施策です。

媒体例
タオバオ、小紅書、抖音、快手など

イベント参加

ECで販売するためには現在一番押さえておくべき施策。TV通販のリアルタイム版のようなもので、視聴者から来た質問にそのまま回答します。直接商品発表会やサービスの説明会などに参加をしてもらい、その内容をSNSで拡散をしてもらいます。
画像や動画などに加えて、LIVE配信でイベントを放送することも可能です。

媒体例
weibo、小紅書、wechat、抖音、快手、ビリビリ動画、大衆点評、マーファンウォーなど

通常投稿×ブースト広告

KOLに投稿してもらった投稿を、SNS内広告を活用しさらに多くのユーザーに情報を拡散します。

媒体例
weibo、小紅書、抖音、ビリビリ動画、大衆点評など

また、最近ではKOC(Key Opinion Consumer)と呼ばれる、KOLよりももっと消費者に近い存在の重要性も高まっています。特にEC市場では多くのKOLが起用された結果、企業寄りの発信をするKOLに対して不信感を抱く消費者が増え、公正な目線での商品レビューが期待できるKOCの方が信頼できるという意見も多くなってきております。
KOCは数千円から起用可能なので、少額で試してみたい場合や、大量の口コミを獲得したい場合にオススメです。特に小紅書の場合は口コミの数が重視されるため、KOCの起用は必須です。

対応SNSプラットフォーム

中国には多くのSNSプラットフォームがあります。ブランディングなのか、越境ECの販促か、インバウンド対策なのか等の目的に応じて最適な媒体とKOLをご提案します。

  • Weibo
  • wechat
  • 小紅書
  • 抖音
  • 快手
  • 大衆点評
  • zhihu
  • mafengwo
  • タオバオ
  • ビリビリ
  • 今日頭条
  • 知乎

ご利用の流れ

お問い合わせ

まずはお問い合わせフォームよりご相談下さい。ご相談内容を確認した後、担当者よりご連絡します。

ヒアリング
・ご提案

貴社の課題や目的、ご予算感などをヒアリングさせて頂き、後日具体的にご提案させて頂きます。

投稿内容作成
・投稿

お申し込み後に、投稿内容を作成し、内容をご確認頂いた後に投稿します。

レポート提出

投稿したものがどのくらいのエンゲージメントを獲得したのか、どのような反応だったのか、どのくらいの売上につながったのかなどのレポートを作成し、次回以降のアクションについて検証をします。