中国アプリ「快手」の概要とマーケティング活用方法について

引用元:【快手短视频App】快手,记录世界记录你

今回は、中国短編動画アプリ「快手(kuaishou)」の概要と特徴やマーケティング活用方法をご紹介します。

快手(kuaishou)とは?

快手は「北京快手科技有限公司」が開発運営しているモバイル向けのショートビデオアプリ

です。
登場初期、快手はGIF画像編集・共有するためのモバイルアプリ「GIF快手」としてローンチされました。
その翌年にショートビデオアプリ「快手」にアップデートを行い、
現在は、中国本土版「快手」と国際版「Kwai」の2種類が存在します。
韓国やインド、ブラジルを中心に人気のアプリです。

※【外部リンク】【快手短视频App】快手,记录世界记录你

快手の主な特徴

快手引用元:【快手短视频App】快手,记录世界记录你

快手の画面は主に3つにわかれて表示されます。

 

  • フォロー(フォローしているユーザーの動画が見れます)
  • 発見(趣味や閲覧履歴を基に、アルゴリズム方式でおススメ人気動画が表示されます)
  • 近く(住んでいる場所、もしくは現在地の近くにいるユーザーの動画やライブが表示されます。)

 

また、ご存知の方も多いと思いますが中国では今ECライブが流行っています。
ECライブとは、インフルエンサー(KOL)がライブ配信しながら商品の販売を行うことです。
もちろん快手もライブコマースの機能があり、そこで活躍するインフルエンサーはECライブを頻繫に開催しています。

利用ユーザーの特徴

中国のショートビデオプラットフォームと言えば、「TikTok」を思い浮かべる方が多いかと思いますが、実は「TikTok(抖音)」が大流行するまでは、長期間に渡って「快手」が業界トップに君臨してきました。
2020年3月までの快手の月間アクティビティは4.43億人に達しました。
ユーザーの男女割合は、女性59%、男性41%で、バランスが取れています。
「TikTok」のユーザーは一、二線都市が多いのですが、一方快手のユーザーは二、三線都市に集中していて特に北地方のユーザーが多いのが特徴です。
また、ユーザーの年齢割合としては、18~25歳の25.1%、26~30歳の23.1%、31~40歳の26.6%を占めています。
31歳~40歳、かつ二、三線都市のユーザーがコアユーザーになっているため、快手は「TikTok」よりも、もっと日常感があって、素朴な感じになっています。

快手のマーケティング活用方法

快手

引用元:【快手短视频App】快手,记录世界记录你

中でも快手で活躍するインフルエンサーの「辛有志(シン・ヨージー)は、3,000万以上のフォロワー数を持ち、タオバオLIVEで有名な「李佳琦(オースティン)」、「薇娅(ウェイヤ)」と同じく中国で大人気のセールスKOLです。

2020年のW11で彼の販売実績は総売上高が88億元(約1,392億円)となり、2019年よりも3.8倍も売り上げが伸びました。
ただし、辛有志は2020年のW11で、偽物の「燕窝(燕の巣)」を販売したことで、中国中で大騒ぎになり、アカウントが停止される事態になりました。

そして、快手では企業アカウントを無料で申請することも出来ます。
快手で企業アカウントを持つ日本企業はほとんどいないのですが、中国の企業だと、最近日本でも話題になっている化粧品ブランド「完美日记」、「花西子」等が企業アカウントを所持しています。

快手はいわゆる地方のユーザーが多いため、「TikTok」とは違うターゲットにリーチをするために使い分けをしています。

中国向けのマーケティングにおいて、中国で流行っているショートビデオアプリは今や必要不可欠なツールになってきています。弊社はKOLを起用したプロモーションやライブコマース等、中国で主流になっているプロモーションをお手伝いしているので、気になったことがあればぜひご連絡ください。