抖音(Douyin/ドウイン)とは?中国版TikTokのビジネス活用の基本を解説

2021年のモバイルアプリ総合ランキングで世界No.1アプリとなったTikTok。日本でも「TikTok売れ」という言葉も生まれ、使われた楽曲がヒットしたり、30年前の小説が突然売れだすなど、マーケティング業界で今最も注目されているSNSのプラットフォームとなりました。

本家である中国でも月間利用者数が6億人を超えるほどの巨大なプラットフォームとなり、中国でのマーケティング活動を行う企業、特にBtoC関連企業にとっては今や避けては通れない存在となっています。

今回のコラムでは、抖音(Douyin/ドウイン)についての基本的な情報を、中国へのマーケティングを行う方向けに改めて解説しています。さらに詳しい解説記事や情報は記事中の各リンクよりご参照ください。

抖音(Douyin/ドウイン)とは

抖音(Douyin)は、2013年に張一鳴と梁汝波によって設立された「字节跳动有限公司(バイトダンス)」により2016年9月にリリースをされたショート動画アプリです。日本では2017年10月にリリースされました。

抖音の主な特徴

主な特徴は基本15〜30秒という短い動画を視聴するサービスです。
AIレコメンドシステムという技術によって、ユーザーの興味がありそうな動画が次々と配信されます。

短い動画のためすぐにどのような動画かが分かます。そのため興味がないものはすぐにスキップができるため、配信される動画の精度が高まっていき、気がつけば思っていたよりも長い時間を使ってしまいます。ある意味ユーザーを中毒状態にしていると言えるかもしれません。
もしまだ使ったことがないという方は、抖音は中国のAppleIDなどがないとインストールすることが出来ないので、是非一度TikTokをインストールして使ってみてください。

また、ユーザーから多くの投稿があって成り立つプラットフォームなので、撮影して編集をして投稿するまで、誰でも簡単に出来るように設計されています。顔や体型を変えたり、効果音や字幕を付けたりなど編集ができることが面白くなって配信することに”ハマって”しまうユーザーも多くいるようです。

フォロワー数0でも100万再生?

さらに特徴的な点として、AIによるレコメンドにより視聴することが中心となる設計のため、

フォロワーが全くいない状態でも投稿した動画が100万人に再生されるようなことが日常的に発生します。

そのため、芸能人やインフルエンサーでもない一般人の投稿でも大きな影響を与えることがあり、今までのSNSマーケティング手法の常識が変わっています。

中国での広告収入ランキングNo.1

中国ネット広告費2021上半期
出典:QuestMobile AD INSIGHT

QuestMobileによると、2021年上半期の広告収入シェアランキングで抖音はNo.1となっています。

2位は同じくバイトダンスのニュースアプリ「今日头条(今日頭条)」で、なんとバイトダンス社だけで中国の広告シェア45.7%を獲得していることになります。
3位はWechat(微信)で4位が抖音の競合である「快手」となっています。

中国で使われるネット広告の約3割が抖音に集まっており、いかに抖音が中国で利用されていて、マーケティングやプロモーションに重要なプラットフォームなのかが良く分かりますね。

抖音の競合「快手」

4位の「快手(kuaishou)」は抖音の競合として様々な面で激しい競争を行っています。
快手も中国マーケティングを行う上で重要なSNSプラットフォームであり、下記記事で詳しく紹介しています。

※関連記事:中国動画アプリ「快手」の概要とマーケティング活用方法について

その他にも、最近は「小紅書(RED)」に対しても意識をしているのではないかと言われており、静止画を投稿できる機能もリリースしており、静止画を投稿するユーザーも増えているように見受けられます。

詳しくは下記の記事をご参照ください。(外部リンク)

※参考記事:TikTok中国版「抖音」、EC強化へ「RED」に寄せる? 写真投稿機能をテスト

抖音のユーザー数、主な利用者層など

TiKTokは日本では10代の若者が使っているSNSというイメージが強いですが、中国ではどのようユーザに利用されているのでしょうか?利用者データをまとめます。

ユーザー数(MAU・DAU)

抖音MAU_DAU
出典:36kr.com

Quest Mobileによれば、2021年9月の時点で、ユーザーの流入数値は以下のようになっています。

  • MAU(Monthly Active User)が6.7億人以上
  • DAU(Daily Active User)が4億人以上

既に国民の半数近くが利用するアプリとなっています。

ユーザー層

抖音ユーザー層
出典:巨量算数

上記のグラフは2020年12月時点のデータとなります。

男女比はほぼ半々で、35歳以下のユーザーが多く、居住エリアは1線都市から5線都市以下まで広く使われています。

35歳以下で特に19-24歳の女性で新1線都市と3線都市に居住しているユーザーの利用傾向が高いとのデータになっています。

どのような動画を好んで見ているか

抖音_視聴データ
出典:巨量算数
  • 男性:軍事関係や車、ゲーム関連の動画を好んで視聴
  • 女性:コスメ、育児、ファッション関連の動画を特に好んで視聴

データから上記のように男女別で視聴ジャンルがわかります。

企業利用事例

企業として、どのようなことが抖音でできるのかを、簡単に紹介していきます。

インフルエンサー(KOL、KOC)

抖音_EC
動画を見てから最短でたったの2タップで買い物かごに商品を入れることができる。

 

最も多い活用方法は、他のSNSプラットフォームと同様にインフルエンサーの起用です。

ただ、上記でもお伝えしたように抖音の設計でフォロワー数に関係なく多くの人に表示をされる可能性があるので、フォロワー数の多いインフルエンサーだけでなく、いわゆる一般のユーザーにも投稿をしてもらう方が良いでしょう。

また、投稿には天猫などの商品ページへの導線を貼ることが可能です。
日本人や日本在住のインフルエンサーも増加しており、日本からの情報発信も今後のインバウンド回復を見込んで重要となりそうです。

※関連記事:中国版TikTok(抖音/Douyin)インフルエンサー20選【日本人含む】

企業アカウント作成

企業やブランドとして公式に運営する企業アカウントが作成できます。一般アカウント同様にショートムービーを投稿してプロモーションを行うことができるのはもちろんのこと、他にも多くのことができるようになります。

一例を下記にあげます。

  • フォロワーの属性分析(年齢、性別、居住エリアなど)
  • ファングループの作成
  • EC店舗開設
  • ライブコマース
  • ユーザーの個人情報入手(同意のユーザー)
  • KOLとの連携

この他にも多数の機能が利用できるようになり、さらに関連する業種の人気の動画傾向を教えてもらえたり、講師によって運営のアドバイスをもらえたりもします。

自社で運用される場合には特に費用がかかるものではないので、可能であれば積極的に運用することをおすすめします。
ただ、日々投稿内容を考えるのは楽なことではないので、お困りの場合はご相談いただければと思います。

アカウント開設や運用代行、どのようなことができるようになるのか?
費用面などご感心あれば、
下記より「抖音の企業アカウントについて」と記載してご連絡ください。

EC店舗開設

現在、抖音が最も力を入れている事業がECです。

まだ開始したばかりながら2020年にはGMV(流通取引総額)5000億元(約9兆円)を超える規模になり、2021年はさらに大きく伸びると思われます。
興味EC(インタレストコマース)という概念を提唱して運営をしており、強みであるAIでユーザーに興味がありそうな動画を表示し、ついそのまま購入してしまう、衝動買いを誘う設計になっていることが大きな特徴です。越境ECにも対応しており、日本から出店して販売をすることも可能です。

※関連記事:中国越境ECで売上を作る!市場規模から参入方法まで解説

抖音のEC事業について詳しくは下記の記事で説明をしていますのでご覧ください。
※関連記事:抖音(Douyin)のEC「抖音小店」とは?越境ECにも対応

ライブコマース

抖音公式サイトイメージ動画
参照:抖音公式サイトより

抖音の持つAIレコメンドシステムの技術とライブコマースが組み合わさって強力な販売手法となっています。ライブコマースを行っていれば興味のありそうなユーザーに表示をしてくれるので、フォロワーがいなくても見てもらえる可能性が高くなります。

2022年1月現在は、ライブコマースの場合は天猫等へリンクさせることができませんが、現在アリババと協議中との報道もあり、今後変わる可能性があります。

広告

企業アカウントを作成することによって以下のような広告が利用できます。
また、年齢や性別、居住エリア、興味関心などによってターゲットを絞って出稿することができます。

  • 起動時広告
  • フィード広告
  • 検索ワード広告
  • ハッシュタグチャレンジ

このコラムの前半でも取り上げたように抖音は中国のネット広告の約30%を獲得しています。それだけ効果があるということの表れだと思いますので、試してみる価値はあるでしょう。
広告メニューの詳しい説明や事例などはまた別のコラムでご紹介したいと思います。

まとめ

以上、TikTokの本家中国版「抖音(Douyin)」の基本的な情報を紹介しました。まだ苦手意識をお持ちの方も多いとは思いますが、無視する訳にはいかないということがご理解いただけたかと思います。

ただ、とても優れたAIシステムによって思わぬところからヒットに繋がる可能性もあるので、まだ何も対策をしていない企業様は、是非少しずつでもチャレンジしてみてください。弊社でも様々なお手伝いをしておりますので、お気軽にご相談ください。

 


この記事を書いた人

目代 有史郎

目代 有史郎

早稲田大学在学中に、HP制作会社や広告会社を創業。その後、ENJOYJAPANの立ち上げに参画。 「インバウンド」という言葉がまだ使われていない時期から中国人観光客向けの プロモーション事業を開始し、紙媒体からデジタル化への移行を経験。 メーカーや小売、代理店など幅広いクライアントを担当し、小売りクライアントの 月額免税売上数十億円の達成をサポートするなど、「売上に直結する提案」を得意とする。